中村学園三陽高等学校 中村学園三陽中学校

  • ホーム
  • 学校紹介
  • 三陽の学び
  • 学校生活
  • 生徒会・部活動
  • 入試情報
  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ

新着情報

  • 資料請求
  • 学校説明会
  • Webパンフレット

【三陽スピリッツ】☆☆恕☆☆

2018.05.05
[学校生活]

 孔子が弟子の一人に「人間にとってもっとも大切なこと、欠いてはならないものとは一言でいえば何ですか?」と問われた時に、孔子は静かに「それは“恕”である」と答えたそうです。“恕”は「思いやり」ということです。「思いやり」というのは、物の見方・考え方・感じ方が自分の視点からだけでは成り立ちません。相手の身になって物事を見る、他の人の身になって考えてみる。そういう自分と相手の双方向の視点が必要なのです。さらに一歩踏み込んで、相手の目に自分がどう映っているかを想像し、相手の気持ちを汲んで考え行動する。“恕”(思いやり)とは、そういうことでもあるのです。人を認めること、謙虚であること、喜びを分かち合うこと、徹底して相手に奉仕すること、ねぎらいの言葉をかけること等々、すべては“恕”(思いやり)の心なくして実行はできません。“恕”は人間の魅力を決定する重要な要素であるとも言えるでしょう。
 教育の場においても、“恕”(思いやり)の心を大切にしなければなりません。我々教師や生徒諸君はもちろんのこと、保護者の皆さんや地域住民の方々も含めて、学校に関わるすべての方々のあらゆる“恕”(思いやり)の心を、教育の場で活かすことが、すばらしい教育の実践につながるからです。

 
 
 
一覧へ戻る
TOPへ